(最終更新日:2020-09-22 17:09:56)
  ミヤモト ユタカ   Miyamoto Yutaka
  宮本 豊
   所属   鶴見大学  歯学部 歯学科 歯科矯正学
   職種   助教
■ 職歴
1. 2012/04~ 鶴見大学 歯学部 歯学科 歯科矯正学 助教鶴見大学 歯学部 歯学科 歯科矯正学 助教
プロフィール
■ 学歴
1. 2000/04~2006/03 鶴見大学 歯学部 歯学科 卒業 博士(歯学)鶴見大学 歯学部 歯学科 卒業 博士(歯学)
■ 所属学会
1. 世界舌側矯正歯科学会(WSLO)世界舌側矯正歯科学会(WSLO)
2. 2019 ∟ 認定医認定医
3. 日本矯正歯科学会(JOS)日本矯正歯科学会(JOS)
4. 2015 ∟ 認定医認定医
5. 日本舌側矯正歯科学会(JLOA)日本舌側矯正歯科学会(JLOA)
全件表示(8件)
研究
■ 現在の専門分野
歯科矯正学 (キーワード:歯科矯正学) 
■ 学術雑誌
1. 2019/05 【査読あり】 研究論文(学術雑誌) An Angle Class I malocclusion with a paradental cyst An Angle Class I malocclusion with a paradental cyst 
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017  変形性関節症モデルマウスを用いた顎関節におけるasporinの解析 科学研究費補助金 変形性関節症モデルマウスを用いた顎関節におけるasporinの解析 科学研究費補助金 
教育
■ 主要学科目
歯科矯正学
■ 資格・免許
1. 2006/04/27 歯科医師免許歯科医師免許
2. 2015/11/19 日本矯正歯科学会 認定医日本矯正歯科学会 認定医
3. 2018/12/01 日本舌側矯正歯科学会 認定医日本舌側矯正歯科学会 認定医
4. 2019/07/05 世界舌側矯正歯科学会 認定医世界舌側矯正歯科学会 認定医
5. 2019/12/19 日本矯正歯科学会 指導医日本矯正歯科学会 指導医
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2015/07 歯科矯正学模型実習帳歯科矯正学模型実習帳
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2019/04/01 歯科衛生学科 非常勤講師歯科衛生学科 非常勤講師
2. 2017/08/05~2017/08/06 ファシリテーター養成セミナー 受講ファシリテーター養成セミナー 受講
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計 0  回
 在留期間2週間未満のもの   計 0  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  0  回  0  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)FONT  0  回  0  回
 自費  1  回  0  回
 計  1  回  0  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語  
社会活動
■ 委員会・協会等
1. 2018/04/01 日本舌側矯正歯科学会 編集委員会 編集委員日本舌側矯正歯科学会 編集委員会 編集委員
その他
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 大学院における研究指導担当資格
研究指導・担当資格:無研究指導・担当資格:無
■ 受験生のみなさんへ
昔は虫歯や歯周病の治療は「治す」ものでしたが、今は「予防する」ことがメインになっています。歯並びの治療は、見た目だけでなく、歯を磨きやすくして虫歯や歯周病を防ぐ究極の予防歯科です。昔は虫歯や歯周病の治療は「治す」ものでしたが、今は「予防する」ことがメインになっています。歯並びの治療は、見た目だけでなく、歯を磨きやすくして虫歯や歯周病を防ぐ究極の予防歯科です。
■ こんな研究しています
かみ合わせの土台となるあごの成長に関する研究を行っています。
顎関節症の原因遺伝子の解明と治療法の開発に関する研究を行っています。
口腔機能と矯正歯科治療との関連を研究しています。
かみ合わせの土台となるあごの成長に関する研究を行っています。
顎関節症の原因遺伝子の解明と治療法の開発に関する研究を行っています。
口腔機能と矯正歯科治療との関連を研究しています。