(最終更新日:2019-11-16 00:23:20)
  サトウ ジュンイチ   Sato Junichi
  佐藤 淳一
   所属   鶴見大学歯学部附属病院  歯学部附属病院 口腔顎顔面インプラント科
   職種   准教授
プロフィール
■ 所属学会
1. 日本顎顔面インプラント学会日本顎顔面インプラント学会
2. 2006/04 ∟ 理事理事
3. 日本口腔インプラント学会日本口腔インプラント学会
4. 2006/01 ∟ 指導医指導医
5. 2008/04 ∟ 評議委員評議委員
全件表示(8件)
教育
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2008/10~2008/10 口腔顎顔面インプラント学の講義と実習の開始口腔顎顔面インプラント学の講義と実習の開始
●作成した教科書、教材
1. 2008/07~2008/07 知っておきたい知識・術式「インプラント治療編」知っておきたい知識・術式「インプラント治療編」
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2009/02~2009/02 鶴見大学口腔顎顔面インプラント科におけるインプラント学の教育と研究の現状と今後の展望鶴見大学口腔顎顔面インプラント科におけるインプラント学の教育と研究の現状と今後の展望
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2007/11 「インプラントの教育を考える会」について「インプラントの教育を考える会」について
その他
■ 大学院における研究指導担当資格
研究指導・担当資格:有研究指導・担当資格:有
■ 受験生のみなさんへ
インプラントとは歯のなくなった顎に人工の歯根を埋め込み、歯と同じようなものを被せる治療法です。この治療は保健診療ではなく自費診療のため高額の治療費が掛かるという欠点がありますが、インプラントを埋めた日から咬むことが可能になり、多くの患者さんに喜ばれています。このような治療法の見学希望者が多く、開業医や衛生士さんが鶴見大学歯学部附属病院の開放型病院システムを利用しています。鶴見大学のインプラントは口腔顎顔面インプラント科で、歯のない部位にインプラント治療を行うばかりでなく、耳、鼻、目、顎のない患者さんにもインプラント治療を行い、顎顔面補綴にインプラント治療を行っている日本でも数少ない施設の1つです。インプラントとは歯のなくなった顎に人工の歯根を埋め込み、歯と同じようなものを被せる治療法です。この治療は保健診療ではなく自費診療のため高額の治療費が掛かるという欠点がありますが、インプラントを埋めた日から咬むことが可能になり、多くの患者さんに喜ばれています。このような治療法の見学希望者が多く、開業医や衛生士さんが鶴見大学歯学部附属病院の開放型病院システムを利用しています。鶴見大学のインプラントは口腔顎顔面インプラント科で、歯のない部位にインプラント治療を行うばかりでなく、耳、鼻、目、顎のない患者さんにもインプラント治療を行い、顎顔面補綴にインプラント治療を行っている日本でも数少ない施設の1つです。
■ こんな研究しています
インプラント治療はインプラントと骨とが着くことが基礎になっています。そのため骨のないところにはインプラントが植えられません。そこで骨を作る研究を行なっています。特に患者自身の骨髄を使用して、骨髄幹細胞を分離培養することで、骨を作るための基礎研究を行っています。もうすぐこの技術を患者さんに応用する予定です。インプラント治療はインプラントと骨とが着くことが基礎になっています。そのため骨のないところにはインプラントが植えられません。そこで骨を作る研究を行なっています。特に患者自身の骨髄を使用して、骨髄幹細胞を分離培養することで、骨を作るための基礎研究を行っています。もうすぐこの技術を患者さんに応用する予定です。