photo
    (最終更新日:2021-02-05 09:18:32)
  ゴミ カズヒロ   Gomi Kazuhiro
  五味 一博
   所属   鶴見大学  歯学部 歯学科 歯周病学
   職種   教授
プロフィール
■ 学歴
1. 1981/01~1985/03 鶴見大学 歯学研究科 歯周病学 博士課程修了 歯学博士鶴見大学 歯学研究科 歯周病学 博士課程修了 歯学博士
■ 所属学会
1. 日本歯周病学会日本歯周病学会
2. 1981/04~ ∟ 評議委員 理事評議委員 理事
3. 2003/04~2005/04 ∟ 医療委員・教育委員医療委員・教育委員
4. 2005/04~2007/03 ∟ 医療委員会委員・編集委員・用語委員医療委員会委員・編集委員・用語委員
5. 2005/04~2011/03 ∟ 編集委員編集委員
全件表示(22件)
研究
■ 現在の専門分野
口腔再生医学、歯科医用工学, 生体医工学, 常態系口腔科学 (キーワード:歯周薬物療法) 
■ 学術雑誌
1. 1983/09 【査読あり】 研究論文(学術雑誌) 若年者の歯周疾患患者3症例について 若年者の歯周疾患患者3症例について 
2. 1985/01 【査読あり】 研究論文(学術雑誌) 歯周疾患に於ける過酸化脂質に関する研究 歯周疾患に於ける過酸化脂質に関する研究 
3. 1988/09 【査読あり】 研究論文(学術雑誌) 歯周疾患患者の問診表の統計的観察 第2報 栄養学的調査 歯周疾患患者の問診表の統計的観察 第2報 栄養学的調査 
4. 1989/12 【査読あり】 研究論文(学術雑誌) 多孔性ハイドロキシアパタイトと培養系細胞のハイブリッド体に関する研究(第1報) 付着と侵入について 多孔性ハイドロキシアパタイトと培養系細胞のハイブリッド体に関する研究(第1報) 付着と侵入について 
5. 1993 【査読あり】 研究論文(学術雑誌) Resorption of sintered synthetic hydroxyapatite by osteoclasts in vitro. Resorption of sintered synthetic hydroxyapatite by osteoclasts in vitro. 
全件表示(134件)
■ 書籍等出版物
1. 1992 その他の書籍等出版物  歯根膜組織からみた再生能の検討−歯根膜由来細胞の生長における分化について−「歯科ジャーナル」 歯根膜組織からみた再生能の検討−歯根膜由来細胞の生長における分化について−「歯科ジャーナル」 
2. 1999 その他の書籍等出版物  診断力てすと ビラン、潰瘍を伴う歯周炎「デンタルダイヤモンド」 診断力てすと ビラン、潰瘍を伴う歯周炎「デンタルダイヤモンド」 
3. 2000 単行本(学術書)  変色歯・着色歯への対応 変色歯・着色歯の治療 口腔清掃指導とプロフェッショナルケア「変色歯・着色歯への対応 変色歯・着色歯の治療 口腔清掃指導とプロフェッショナルケア」 変色歯・着色歯への対応 変色歯・着色歯の治療 口腔清掃指導とプロフェッショナルケア「変色歯・着色歯への対応 変色歯・着色歯の治療 口腔清掃指導とプロフェッショナルケア」 
4. 2001 単行本(学術書)  イラストレイティド・クリニカルデンティストリー 2.歯・歯髄・歯周組織の疾患「イラストレイティド・クリニカルデンティストリー 2.歯・歯髄・歯周組織の疾患」 イラストレイティド・クリニカルデンティストリー 2.歯・歯髄・歯周組織の疾患「イラストレイティド・クリニカルデンティストリー 2.歯・歯髄・歯周組織の疾患」 
5. 2001 単行本(学術書)  プログレッシブテクニック 臨床医のための歯周治療「プログレッシブテクニック 臨床医のための歯周治療」 プログレッシブテクニック 臨床医のための歯周治療「プログレッシブテクニック 臨床医のための歯周治療」 
全件表示(36件)
■ 講師・講演
1. 2008/05/15 講演『歯周薬物療法とインプラント』(鶴見大学記念館3階4講堂)講演『歯周薬物療法とインプラント』(鶴見大学記念館3階4講堂)
2. 2008/06/27 アジスロマイシンを使用した全顎SRP(文京シビックホール)アジスロマイシンを使用した全顎SRP(文京シビックホール)
3. 2008/08/09 講演『エビデンスに基づいた歯周薬物基本治療』(エソール広島)講演『エビデンスに基づいた歯周薬物基本治療』(エソール広島)
4. 2008/08/04 講演『歯周治療の実際』(神奈川社会保険診療報酬支払基金)講演『歯周治療の実際』(神奈川社会保険診療報酬支払基金)
5. 2008/09/14 講演『歯周治療のトピックスそして勘所』(文京区本郷2-26-11種苗会館)講演『歯周治療のトピックスそして勘所』(文京区本郷2-26-11種苗会館)
全件表示(164件)
■ 学会発表
1. 2017/09/17 Mmp20ノックアウトマウス・エナメル質中のTGF-βアイソフォームについて (口頭発表,一般) Mmp20ノックアウトマウス・エナメル質中のTGF-βアイソフォームについて (口頭発表,一般) 
2. 2017/09/17 Polphyromonas gingivalis由来LPSが心筋、骨格筋に及ぼす影響 (ポスター,一般) Polphyromonas gingivalis由来LPSが心筋、骨格筋に及ぼす影響 (ポスター,一般) 
3. 2017/10/28 口呼吸を有する知的能力障害患者に対して口腔筋機能療法を行った1症例 (ポスター,一般) 口呼吸を有する知的能力障害患者に対して口腔筋機能療法を行った1症例 (ポスター,一般) 
4. 2019/05/24 Porphyromonas gingivalis由来LPSによる心疾患発症における心筋βアドレナリン受容体シグナル
の重要性 (口頭発表,一般) 
Porphyromonas gingivalis由来LPSによる心疾患発症における心筋βアドレナリン受容体シグナル
の重要性 (口頭発表,一般) 
5. 2019/05/24 歯科医師臨床研修修了後,歯周病学講座に入局した医局員の歯周外科に関する調査 (ポスター,一般) 歯科医師臨床研修修了後,歯周病学講座に入局した医局員の歯周外科に関する調査 (ポスター,一般) 
全件表示(18件)
教育
■ 授業科目
1. 顎顔面インプラント学顎顔面インプラント学
2. 歯科医学史・概論歯科医学史・概論
3. 歯周治療学実習歯周治療学実習
4. 歯周病の基礎と臨床歯周病の基礎と臨床
5. 歯周病学歯周病学
全件表示(7件)
■ 受賞学術賞
1. 2018 日本レーザー歯学会優秀発表賞日本レーザー歯学会優秀発表賞
2. 2017 臨床薬理振興財団研究大賞臨床薬理振興財団研究大賞
3. 2014 日本歯科保存学会優秀ポスター賞(歯周病学分野)日本歯科保存学会優秀ポスター賞(歯周病学分野)
4. 2008 APSP Silver price受賞APSP Silver price受賞
5. 2006 日本歯科保存学会奨励賞日本歯科保存学会奨励賞
全件表示(7件)
■ 主要学科目
歯周病学
■ 資格・免許
1. 日本レーザー歯学会専門医・指導医日本レーザー歯学会専門医・指導医
2. 日本歯科保存学会専門医・指導医日本歯科保存学会専門医・指導医
3. 日本歯周病学会専門医・指導医日本歯周病学会専門医・指導医
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2011/04~2016 ブタ下顎骨を用いた歯肉剥離掻爬術と遊離歯肉移植術実習ブタ下顎骨を用いた歯肉剥離掻爬術と遊離歯肉移植術実習
2. 2016/04/01 歯周病学講義ノート作成歯周病学講義ノート作成
3. 2014/06/01~2015/12 モデルコアカリキュラムによる学習評価の 個別フィードバックシステムの開発モデルコアカリキュラムによる学習評価の 個別フィードバックシステムの開発
4. 2011/04~2011/04 前期試験前に評価可能な歯周病学講義と実習のカリキュラム策定前期試験前に評価可能な歯周病学講義と実習のカリキュラム策定
5. 2010/04~2010/04 臨床実習におけるペリオ専門医診断ケースを2-3名にし、評価シートの改変を行う臨床実習におけるペリオ専門医診断ケースを2-3名にし、評価シートの改変を行う
●作成した教科書、教材
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●実務の経験を有する者についての特記事項
●教育に関する発表
全件表示(48件)
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計 0  回
 在留期間2週間未満のもの   計 0  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  0  回  0  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)FONT  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  0  回  0  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語  
■ 担当経験のある科目
1. 歯周病学(新潟大学歯学部)
2. 歯周病学(九州大学歯学部)
社会活動
■ 社会における活動
1. 2015/06 【ソニー生命web6月】歯周病記事 ソニー生命webコンテンツ ヘルシートーク「歯周病」 https://cs.sonylife.co.jp/lpv/pcms/sca/ct/special/topic/index1506a.html?lpk=【ソニー生命web6月】歯周病記事 ソニー生命webコンテンツ ヘルシートーク「歯周病」 https://cs.sonylife.co.jp/lpv/pcms/sca/ct/special/topic/index1506a.html?lpk=Link
2. 2015/11 Austrarian Dental Journal査読 COMPARISON OF ADJUNCTIVE AZITHROMYCIN AND AMOXICILLIN/METRONIDAZOLE FOR PATIENTS WITH CHRONIC PERIODONTITIS: PRELIMINARY RANDOMIZED CONTROL TRIALAustrarian Dental Journal査読 COMPARISON OF ADJUNCTIVE AZITHROMYCIN AND AMOXICILLIN/METRONIDAZOLE FOR PATIENTS WITH CHRONIC PERIODONTITIS: PRELIMINARY RANDOMIZED CONTROL TRIAL
3. 2016/05 Austrarian Dental Journal査読 Azithromycin as an Adjunct to Non-Surgical Periodontal Therapy- A Systematic ReviewAustrarian Dental Journal査読 Azithromycin as an Adjunct to Non-Surgical Periodontal Therapy- A Systematic Review
4. 2015/11 Austrarian Dental Journal査読 Microbiological Effects Of Periodontal Therapy Plus Azithromycin In Patients With Diabetes: A Randomized Clinical TrialAustrarian Dental Journal査読 Microbiological Effects Of Periodontal Therapy Plus Azithromycin In Patients With Diabetes: A Randomized Clinical Trial
5. 2015/08 Journal of Oral Science査読 Strength of Recommendation Taxonomy (SORT) for Full- Mouth Strategies on the treatment of Chronic PeriodontitisJournal of Oral Science査読 Strength of Recommendation Taxonomy (SORT) for Full- Mouth Strategies on the treatment of Chronic Periodontitis
全件表示(36件)
その他
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ ホームページ
   歯周病学講座ホームページ
■ 科研費研究者番号
10178460
■ researchmap研究者コード
2009010614
■ ORCID
0000-0003-4484-6238
■ 大学院における研究指導担当資格
研究指導・担当資格:有研究指導・担当資格:有
■ 受験生のみなさんへ
歯周病学の授業は3年の後期から歯周病の基礎と臨床という統合科目で始まります。ここで基礎から臨床への橋渡しを行い、つづいて4年の前期より歯周病学および歯周治療学実習へと進んでいきます。歯周病学の講義と歯周治療学実習が一体となり進みますので、午前中習った講義内容をその午後には実際に手を動かして確認することができます。このように流れに沿った授業を行っていることからスムーズに歯周病学の知識が楽しく得られるようになっています。歯周病学の授業は3年の後期から歯周病の基礎と臨床という統合科目で始まります。ここで基礎から臨床への橋渡しを行い、つづいて4年の前期より歯周病学および歯周治療学実習へと進んでいきます。歯周病学の講義と歯周治療学実習が一体となり進みますので、午前中習った講義内容をその午後には実際に手を動かして確認することができます。このように流れに沿った授業を行っていることからスムーズに歯周病学の知識が楽しく得られるようになっています。
■ こんな研究しています
現在私どもの研究室では「エナメルタンパク質に含まれる歯周組織再生成分の解析」「エナメルタンパクの抗菌性および抗炎症性」「自己細胞を用いた歯周組織再生法の検討」「抗菌薬を用いた歯周薬物療法」等の研究を行っています。またCPC(Cell Processing Center)が完成し、患者の自己細胞を治療に応用する研究を進めています。また、歯周治療への効果的な薬物療法のための基礎的データ収集も終了し現在臨床への応用について検討を加えています。現在私どもの研究室では「エナメルタンパク質に含まれる歯周組織再生成分の解析」「エナメルタンパクの抗菌性および抗炎症性」「自己細胞を用いた歯周組織再生法の検討」「抗菌薬を用いた歯周薬物療法」等の研究を行っています。またCPC(Cell Processing Center)が完成し、患者の自己細胞を治療に応用する研究を進めています。また、歯周治療への効果的な薬物療法のための基礎的データ収集も終了し現在臨床への応用について検討を加えています。