(最終更新日:2021-01-26 15:07:31)
  ヤマザキ トモエ   Yamazaki Tomoe
  山崎 智恵
   所属   鶴見大学  歯学部 歯学科 病理学
   職種   学部助手
プロフィール
■ 所属学会
1. 2017~ 日本抗加齢医学会日本抗加齢医学会
研究
■ 学術雑誌
1. 2019/11 【査読あり】 研究論文(学術雑誌) Pulmonary activation of vitamin D3 and preventive effect against interstitial pneumonia. Pulmonary activation of vitamin D3 and preventive effect against interstitial pneumonia. 
2. 2019/07/03 【査読あり】 研究論文(学術雑誌) Evaluation of the effect of a heat-killed lactic acid bacterium, Enterococcus faecalis 2001, on oral candidiasis. Evaluation of the effect of a heat-killed lactic acid bacterium, Enterococcus faecalis 2001, on oral candidiasis. Link
3. 2019/04 【査読あり】 研究論文(学術雑誌) Effect of gummy candy containing ubiquinol on secretion of saliva: A randomized, double-blind, placebo-controlled parallel-group comparative study and an in vitro study Effect of gummy candy containing ubiquinol on secretion of saliva: A randomized, double-blind, placebo-controlled parallel-group comparative study and an in vitro study 
4. 2018/06 【査読あり】 研究論文(学術雑誌) Low-frequency and low-intensity ultrasound increases cardiac parasympathetic neural activity and decreases clinic hypertension in elderly hypertensive subjects with type 2 diabetes. Low-frequency and low-intensity ultrasound increases cardiac parasympathetic neural activity and decreases clinic hypertension in elderly hypertensive subjects with type 2 diabetes. 
5. 2017/09 【査読あり】 研究論文(学術雑誌) Low-frequency and low-intensity ultrasound irradiation to the forearm improves an index of arterial stiffness in subjects with type 2 diabetes and hypertension. Low-frequency and low-intensity ultrasound irradiation to the forearm improves an index of arterial stiffness in subjects with type 2 diabetes and hypertension. 
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 2019/06/14 重炭酸イオンの経皮吸収による血流促進効果の検討 (ポスター,一般) 重炭酸イオンの経皮吸収による血流促進効果の検討 (ポスター,一般) 
2. 2019/06/14 肺線維症モデルを用いたビタミンD の抗炎症作用と局所活性化の検討 (口頭発表,一般) 肺線維症モデルを用いたビタミンD の抗炎症作用と局所活性化の検討 (口頭発表,一般) 
3. 2018/05/26 乳酸菌(EF2001)のカンジダ抑制効果と口腔カンジダ症の改善の検討 (ポスター,一般) 乳酸菌(EF2001)のカンジダ抑制効果と口腔カンジダ症の改善の検討 (ポスター,一般) 
4. 2018/05/25 還元型CoQ10によるドライマウス予防効果の検討 (口頭発表,一般) 還元型CoQ10によるドライマウス予防効果の検討 (口頭発表,一般) 
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2023/03  EBウイルス遺伝子導入マウスによるシェーグレン症候群発症機構の解明 基盤研究(C) (キーワード:女性ホルモン, OVX, シェーグレン症候群, EBウイルス, 自己免疫疾患)EBウイルス遺伝子導入マウスによるシェーグレン症候群発症機構の解明 基盤研究(C) (キーワード:女性ホルモン, OVX, シェーグレン症候群, EBウイルス, 自己免疫疾患)
2. 2020/04~2023/03  脂肪由来幹細胞による唾液腺特異的傷害モデルマウスの組織再生と促進因子の網羅的解析 基盤研究(C) (キーワード:唾液腺, 脂肪幹細胞, 再生医療)脂肪由来幹細胞による唾液腺特異的傷害モデルマウスの組織再生と促進因子の網羅的解析 基盤研究(C) (キーワード:唾液腺, 脂肪幹細胞, 再生医療)
3. 2019/04~2022/03  ヘルペスウイルスを介した慢性疲労の発症機構の解明とその制御因子の検索 基盤研究(C) (キーワード:ヘルペスウイルス, 慢性疲労)ヘルペスウイルスを介した慢性疲労の発症機構の解明とその制御因子の検索 基盤研究(C) (キーワード:ヘルペスウイルス, 慢性疲労)
その他
■ 科研費研究者番号
80817122
■ 大学院における研究指導担当資格
研究指導・担当資格:無研究指導・担当資格:無